四字熟語辞典

「花鳥諷詠」についてです。
花鳥諷詠の意味・読み方です。

  1. 四字熟語辞典 >
  2. 「か」 >
  3. 花鳥諷詠

花鳥諷詠

スポンサードリンク

花鳥諷詠

四字熟語の「花鳥諷詠(かちょうふうえい)」についてです。

読み方

かちょうふうえい

意味

花鳥諷詠(かちょうふうえい)とは、四季の移り変わりによっておこる自然の現象、それに伴う人間界の現象をあるがままに客観的に詠むのがいいという、俳句の理念の一つです。

「花鳥」は花と鳥のことで、自然の意です。「諷詠」は詩歌を詠むことです。俳人、高浜虚子が提唱した俳句の理念の一つです。

アクセスランキング
1.英華発外 2.合縁奇縁 3.気宇壮大 4.初志貫徹 5.知勇兼備
6.一騎当千 7.意気揚揚 8.温故知新 9.天衣無縫 10.才色兼備

四字熟語一覧
   
 
   
 

四字熟語辞典

読みから検索

   
       

漢字から検索

当サイトについて

関連サイト

スポンサードリンク

Copyright (c) 2013 - 2017 四字熟語辞典 All right reserved