四字熟語辞典

「隔岸観火」についてです。
隔岸観火の意味・読み方です。

  1. 四字熟語辞典 >
  2. 「か」 >
  3. 隔岸観火

隔岸観火

スポンサードリンク

隔岸観火

四字熟語の「隔岸観火(かくがんかんか)」についてです。

読み方

かくがんかんか

意味

隔岸観火(かくがんかんか)とは、他人の災いをただ傍観するだけで、何もしないことです。

「隔岸」は岸を隔てる意で、「観火」は火事をながめる意です。対岸の火事を見る意からです。「岸を隔てて火を観る」と訓読されます。

類義語

拱手傍観(きょうしゅぼうかん)
袖手傍観(しゅうしゅぼうかん)
冷眼傍観(れいがんぼうかん)

アクセスランキング
1.英華発外 2.合縁奇縁 3.気宇壮大 4.初志貫徹 5.知勇兼備
6.一騎当千 7.意気揚揚 8.温故知新 9.天衣無縫 10.才色兼備

四字熟語一覧
   
 
   
 

四字熟語辞典

読みから検索

   
       

漢字から検索

当サイトについて

関連サイト

スポンサードリンク

Copyright (c) 2013 - 2017 四字熟語辞典 All right reserved