四字熟語辞典
  1. 四字熟語辞典 >
  2. 「こ」 >
  3. 鼓腹撃壌

鼓腹撃壌

スポンサードリンク

鼓腹撃壌

四字熟語の「鼓腹撃壌(こふくげきじょう)」についてです。

読み方

こふくげきじょう

意味

鼓腹撃壌(こふくげきじょう)とは、人々が平和で穏やかな暮らしを楽しむさまのことです。泰平な世の中のたとえです。

「鼓腹」ははらつづみを打つことで、大地をたたいて拍子をとることです。
古代中国、伝説上の聖帝尭は、世の中の情勢を確かめるため、ひそかに町の様子を見に行きました。そこでは老人がはらつづみを打ち、大地をたたいて拍子をとり泰平の世を喜ぶ歌を歌っていたという故事からです。

類義語

含哺鼓腹(がんぽこふく)

アクセスランキング
1.英華発外 2.合縁奇縁 3.気宇壮大 4.初志貫徹 5.知勇兼備
6.一騎当千 7.意気揚揚 8.温故知新 9.天衣無縫 10.才色兼備

スポンサードリンク

四字熟語一覧
   
 
   
 

四字熟語辞典

読みから検索

   
       

分類

当サイトについて

関連サイト

スポンサードリンク

Copyright (c) 2013 - 2019 四字熟語辞典 All right reserved
ページトップ