四字熟語辞典
  1. 四字熟語辞典 >
  2. 「も」 >
  3. 目指気使

目指気使

スポンサードリンク

目指気使

四字熟語の「目指気使(もくしきし)」についてです。

読み方

もくしきし

意味

目指気使(もくしきし)とは、言葉を使わずに目で合図したり、表情だけで目下のものをこき使うことです。

「目指」は目で合図することで、「気使」は言葉を使わずに命令することです。
前漢の政治家、貢禹は「下劣な行為でも裕福で栄えている家であれば、目配せや表情だけで目下のものをこき使い、それをすぐれたこととしている」と元帝に進言したという故事からです。

アクセスランキング
1.英華発外 2.合縁奇縁 3.気宇壮大 4.初志貫徹 5.知勇兼備
6.一騎当千 7.意気揚揚 8.温故知新 9.天衣無縫 10.才色兼備

スポンサードリンク

四字熟語一覧
   
 
   
 

四字熟語辞典

読みから検索

   
       

分類

当サイトについて

関連サイト

スポンサードリンク

Copyright (c) 2013 - 2019 四字熟語辞典 All right reserved
ページトップ