四字熟語辞典
  1. 四字熟語辞典 >
  2. 「ら」 >
  3. 洛陽紙価

洛陽紙価

スポンサードリンク

洛陽紙価

四字熟語の「洛陽紙価(らくようのしか)」についてです。

読み方

らくようのしか

意味

洛陽紙価(らくようのしか)とは、著書が世間で評判となり、よく売れることです。

「洛陽」は中国の都市の名で、「紙価」は紙の値段のことです。「洛陽の紙価を高める」「洛陽の紙価を高からしむ」などの形で用いられます。
中国西晋の文人、左思が魏・呉・蜀の都を題材にして執筆した「三都賦」が世間で評判となり、多くの人が争いこの作品を書写したため、紙の需要が高まり値段が急騰したという故事からです。

アクセスランキング
1.英華発外 2.合縁奇縁 3.気宇壮大 4.初志貫徹 5.知勇兼備
6.一騎当千 7.意気揚揚 8.温故知新 9.天衣無縫 10.才色兼備

スポンサードリンク

四字熟語一覧
   
 
   
 

四字熟語辞典

読みから検索

   
       

分類

当サイトについて

関連サイト

スポンサードリンク

Copyright (c) 2013 - 2019 四字熟語辞典 All right reserved
ページトップ